2018年10月18日

日銀支店長会議

日銀支店長会議で黒田総裁の挨拶が掲載されました。

日銀HPから
https://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2018/siten1810.htm/

先行きは緩やかに拡大し、CPIも2%に向けて徐々に上昇率を高めていき、金融システムも安定を維持していると述べる一方、来年の消費税率の引き上げの影響を踏まえ低金利政策を維持すると述べられています。
ネガティブな要素はあまりなさそうなのですが、

日経新聞にはこんな記事も・・・
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO36597330X11C18A0MM8000/

消費増税にあわせてキャッシュレス決済をした買い物客を対象にポイント還元て・・・。増税で経済的な影響があるからこんな政策を出すのでしょう。
高齢者や現金商売をしている人のことを考えているか・・・と聞きたくなってしまいます。

日銀と政府に微妙な乖離があると感じるのは私だけ?

←クリックご協力お願いいたします。

2018年10月17日

米株1人勝ち?

先週は日本株も下落しました。当然、NYダウも下落していますが、世界に目を向けると、これらよりもっと大幅に下落している国もあったようです。

現代ビジネス 安達誠司氏記事
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57909


インドでは、銀行の粉飾決算なども要因の1つと言われています。オーストラリアなども下落局面に。
現在(日本時間17日23時半)のマーケットを見てみると、日経先物は本日の引け値は前日比470円高の22,890円、夜間取引では200円安の22,690円、NYダウ先物は、240ドル安の25,542ドルとちょっと値動きが大きいですね。

このような状況の中、安達誠司氏の記事の中で、逆イールドの話題に触れながらしばらくは、市場は乱高下があると書かれている。
先週の記事ながら、現時点は本当に乱高下の状況。
うーーん、今後どうなるかもっと知りたいです・・・

←クリックご協力お願いいたします。

2018年10月16日

人手不足倒産 過去最多

人手不足による倒産が過去最多ペースのようです。

産経新聞記事
https://www.sankei.com/economy/news/181014/ecn1810140009-n1.html

景気が良いとも理解できますが、価格を転嫁できるほどではないからおそらく倒産してしまうのでしょう。
しかし、労働者としては待遇は改善され良い傾向にあるのではないかと・・・、そして、最近はブラック企業という言葉もあまり聞かなくなりました。

労働者は、労働条件の良い会社へ転職できる環境、経営者、特に中小零細企業は労働力確保が厳しい状況・・で倒産。
強いのは大企業、弱いのは零細企業と労働者・・割を食うのはいつも弱者。
どちらにとっても良い環境というのは実現困難なのでしょうか・・・。

←クリックご協力お願いいたします。

2018年10月15日

来年10月消費税10%

今日の臨時閣議で安倍首相が来年10月の消費税増税を表明しました。

日経新聞記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36492750V11C18A0000000/

予定とおりと言えば予定とおりですが、デフレ脱却と言えない状況で増税。
補正予算も1兆円を切っていますし、不安な要素が沢山あります。

とあるサイトでのアンケート結果を見ると、増税に向けて若年層ほど貯蓄をする傾向にあり、一方、富裕層、高齢者層は消費が落ちない傾向にあるようです。
これから先の人生が長い若い人が貯蓄に向かうとなると、物の消費は落ち込んで景気もよろしくない傾向に向かってしまわないかと・・・。

こんな状況だからかマーケットもさえない状況でした。
日経平均は22,271円と423円安、ドル円も111円70-80の円高。
先週の下げがきつかったのでリバンドが入るかと思いましたが、さらなる下げでした。
調整かトレンドの転換かしばらくすると見えてくるでしょう・・ショートホールドを信じたいです。

←クリックご協力お願いいたします。

2018年10月14日

日曜休刊

日曜日は休刊とさせていただいております。
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2018年10月13日

政府保有株

埋蔵金発掘男 高橋洋一氏の記事

現代ビジネス記事
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57879

国は売却する資産があるにもかかわらずそれを売却せず、消費税を増税して国民負担を増しているといった内容の記事。
国に1千兆円の借金はあるが、バランスシートからは日本国の財政は健全ということらしい。
確かに、トヨタ自動車、ソフトバンクなどの会社も兆円単位の借金がある。でも株価は会社の価値を反映して値がついている。

なぜ消費税の増税に固執するのか庶民の私の理解力では分かりません。
金融政策、財政政策で景気回復させ、2%インフレを維持した方が景気がよくなり気持ちが晴れて税収は増え、消費税を上げるとネガティブになり消費をしたくなくなってしまうような気がするのですが・・・。

国も貯金や財産には手を付けたくない?。で、どんなに財産があろうと限られた収入からしか支出をしないということかしら。
これって、90歳のお年寄りがどんなに生活が苦しくても、将来が不安だから貯金には手を付けず、年金だけで生活していると同じように見えるのは私だけでしょうか・・・。

いずれにしても後ろ向きな発想に思えてしまう?

←クリックご協力お願いいたします。

2018年10月12日

補正予算

2018年度第1次補正予算案が発表されました。

朝日新聞記事
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKCN1ML0XH.html

歳出は9400億円・・・少なすぎるのではと思うのは私だけ?。主な使途は、小中学校のエアコン設置、災害の復旧などと。
必要な予算かと思いますが、もっと大盤振る舞いしてもいいような気が・・・。

需給ギャップは10兆円くらいはあるはずですので、せめて3兆円、5兆円と発表するとマーケットも反応するのではないでしょうか。
これでは財布の紐が緩くならなず、経済成長率2%もほどと遠いですよ・・・。

←クリックご協力お願いいたします。

2018年10月11日

日経平均一時1000円超安

本日のニュースは何と言っても株価が一時1000円を超える下げ。
昨晩は気になってたまたまマーケットに目を向けブログに書いた途端、NYダウの終値がマイナス831ドル。

本日の日本のマーケットは、為替はそれほどでしたが、株価は日経平均が一時1000円超の下げ。75日線も割り込みました。
今年3番目の下げですから、今年になってから2回このような下げがあったということです。
高値掴みの投資家さんは焦るかもしれませんが、上がったら下げる、下がったら上がるの繰り返しですので落ち着いてマーケットを分析することが大切ではないかと。

多分、ここまで下がったらもう耐えれない!ロスカットをすると決めた途端、反発し始めたりするものです。

ロイター記事
https://toyokeizai.net/articles/-/242744

日経記事

https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS11_R11C18A0000000/

朝日デジタル記事
https://www.asahi.com/articles/ASLBC536SLBCULFA01R.html

共同通信記事
https://this.kiji.is/422962138216825953?c=39546741839462401


いろいろな記事がありますが、どの記事も決定的な理由を読み取ることができない、ということは単なる利益確定の調整?

現在のCMENYダウ先物はマイナス231ドル・・・まだ下がりそう・・。

2018年10月10日

市場を見たら

久しぶりにマーケットに目を向けてみました。

日経先物は10月2日の高値を付けて調整が入り現在2万3500円付近。
9月7日から調整らしい調整もなく右肩上がり。
2万5千円を意識し始めるとやはり利益確定が入ります。
下の節目は前回高値付近2万3千円のバリュー値くらいでしょうから、2万3100円位までは落ちてくるような感じですかね。
それを抜けると次は75日線くらいまで落ちてくるのかな・・。

と、つらつらと偉そうに書きましたが、分かればとっくに大金持ち。なかなかなれませんね~。

←クリックご協力お願いいたします。

2018年10月9日

8月国際収支状況

8月国際収支:経常収支が発表されました。

財務省サイトから
https://www.mof.go.jp/international_policy/reference/balance_of_payments/preliminary/pg201808.htm

数字的には、経常収支は黒字幅の減少、貿易収支は赤字に転化。財務省のサイトには要因等が書かれており、お読みいただければと思います。
ここで、気になったのは各新聞のヘッドライン。

読売は、「8月経常収支、1・8兆円の50か月連続黒字」と黒字を強調するような見出し。
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181009-OYT1T50006.html


日経は、「8月の経常黒字23.4%減 貿易収支は2カ月連続の赤字」と赤字を強調するような見出し。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36246260Z01C18A0EAF000/

朝日は、「経常収支、8月は1兆8384億円の黒字 市場予測を下回る」とやや黒字を強調していますが、ロイターの記事からということみたい。
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKCN1MI2DR.html


色々な特徴が出ていますが新聞社や記者によって伝えたい部分が違うからでしょうか??
こうなってくると、正しい情報というのは新聞、テレビ等からではなく、自分で情報を取りに行き考えなければ偏ってしまうことになってしまいますね。
新聞、テレビは正しい報道をしているのか考え、鵜呑みにすると危険な時もあるかもしれないこともあるかもと・・。

←クリックご協力お願いいたします。