水曜日, 7月 22, 2009

救急車デビュー




昨日、21日ちょっとした追突事故にあってしまいました。
 
相手はトラック。信号待ちをしている所へ、後ろからドスン。
 
結構な衝撃で、少しばかりビックリして暫く放心状態。
 
写真のように、大きな事故ではありませんが衝撃は大きかったです。

 
そうこうしているうちに、救急車が来て、首にコルセットを巻き病院へ搬送。

 
ちょっと大袈裟なような気もしましたが、救急隊の人の指示に従わなければいけません。
 
事故の時の記憶を聞かれたり、血圧、脈拍をとったり、そして、本人確認も・・・テキパキと。
  
うーーん、やはりここでも、しっかり本人確認ですね・・・・。
 
疎かにしてはならない業務です。

 
病院にて一通り検査をして骨折はないとの事。
 
体はどんな感じかといいますと、腰を突き上げられたような状態で、
 
鈍痛が今でもあり、15分くらい車を運転していると段々と苦しくなってくるような状態。
 
暫くはリハビリを行うのですかね。
 
しかし、人間には自然治癒力という力があります。
   
通院をしなくとも「おぉーー脅威の回復力!」と言われるよう頑張って見ましょう。
 
 
交通事故は、加害者も被害者も互いがいやな思いをするばかりで、良いことは何一つありません。
 
余裕を持った時間で、慎重な運転を心がけなければならないということを
 
再認識、教訓とすることができた日でありました。
 
 
それにしても全然仕事のブログになっていない・・・。