日曜日, 9月 23, 2007

チョッとお隣の国へ Vol.2

少し更新が遅くなり申し訳ありません。


続きです。

受話器をとりつながった瞬間に出た言葉が・・・。

「hello room service?」

100円ショップで買ったトラベル英会話のCDのフレーズが出てきました。

この後、CDどおりのやり取りが続くことを願いながら・・・頭をフル回転。

結構、会話の内容を覚えていますので以下やり取りを・・

ホテル 「yes」


わたし 「This is room 6-73」
     「I'd like a Coca-Cola ,please.」

     念のためにと思い・・ 「one coke please」

ホテル 「one coke ?」

確認のための疑問符か、意味が通じない疑問符か、コーラ一本だけ?の疑問符か

よく分かりませんでしたが、聞き返されたのは覚えています。

電話なのでジェスチャーも通じないし、筆談も出来ない。

こんな時は・・元気よく答えるしかないと思い

  「yes I'd like a Coca-Cola ,please」

と繰り返すだけでした。

ホテル 「All right I  ○※▽÷  immediately」

I と immediatelyの単語は3つほどありましたが

よく聞き取れませんでした。

でも、通じたようなので

わたし 「Thank you  bye」 で ガチャンと電話を切りました。

第一段階は何とかクリア。やはり海外に行くと痛切に感じるのが言葉の壁ですね。


しばらくすると部屋をノックする音が。

ドアを開けるとボーイさんがトレイを持って立っていましたので

しかし、トレイのうえに乗っているものを見て私はビックリしました。

でも、取り合えず・・・


さはら 「come in , put it on a table Please、Thank you 」

で、ボーイさんは一礼をして出て行きました。

届いたコーラがこちらです。



「え゛ーーー!!ペプシ・・じゃん!!コカコーラじゃない!!

ミニバーの中に入っていたのは確かにコカコーラだったのに!!

それに何のひねりも加えられていない・・」

ビンとコップと栓抜きだけ!

これが税サービス料込み4480ウォン!

感想は・・・・

「うーーーん・・・これは高いぜ!!」


これは客としてとても満足いくものではありませんでした。


しかし、金額だけを考えコンビニで買ってしまえばそれまでです。

サービスを学ぶ事は出来ません。

些細な事でもテーマをもって行動すれば
感動につながり自分のビジネスにきっともつながる事でしょう。
自分への投資と考えて次回もどこかでやってみましょう!

次は、済州島 境界標、建物工事編です。

土曜日, 9月 08, 2007

チョッとお隣の国へ Vol.1 

こんにちは いつもご覧頂きありがとうございます。


今回の業務日誌は、お隣の国、韓国済州島報告です。


お盆休みがなかったので少し遅めの夏休みです。



飛行機で約1時間半。


手頃な時間で異国の文化を味わえるのは格別ですね。

今回も知り合いの方にお誘いを受けての旅行。


なかなか有意義な3日間でした。

で、少しだけレポートを・・・・


宿泊先は済州島グランドホテルです。



何でも済州島で一番大きなホテルだそうです。


カジノもありなかなかで、日本人観光客も沢山宿泊していました。





部屋に入りいきなり目にはいったのが、殺虫剤セットらしきもの!

うーーーん、理解できない。

空調も整っているのに・・・。

しかし・・・カーテンを何気なくあけると・・・潜んでいました。

「蚊!!」

夜中にこいつと格闘する訳にはいけないので早速一吹お見舞いさせて頂きました。


うーん、部屋は6階、窓も閉まっている。何処から侵入するのか??


さてさて、戸惑っているばかりではブログのネタもできないので

以前どこかのホームページで見た事がある、


コーラをルームサービスで注文し、費用対効果を測定する


実証実験をさせて頂きました。


名づけて・・・「コカコーラ ルームサービス / CS作戦」


を決行することに。



まず、ミニバーの偵察から・・・。

ミニバーの中には缶の250ミリリットルのコカコーラが横たわっていました。




リストを見ると3,000ウォン。


円に換算すると約360円。円が安いと言う事もあるでしょうから。


微妙な値段です。


さらに・・・

ルールサービスのメニューを見ると・・・



4,000ウォン。日本円で約480円・・来てます。来てます。

この1,000ウォンが楽しみなのです。

どんなサービスを展開し、満足、感動を与えてもらえるのでしょうか?


早速、ルームサービスを頼むべく

電話に手を伸ばしたのですが・・・・

そうです。ここは、韓国!言葉はハングル!


言葉の壁が立ちはだかったのです。

どうするか?日本語が通じるのか?



この後、意外な展開が待ち受けていました。


To be continued