火曜日, 8月 28, 2007

品質管理

今日、あるコンビニでお昼ご飯を買ったときの出来事です。

お惣菜パンと飲み物を手に取りレジへ。
レジで商品のバーコードをかざす訳ですが、
そのとき「ピー」となりはじかれてしまいました。

店員さんが、「すいません」と同じ商品で違うものをとり
再度バーコードをかざす。
するとまた、「ピー」とはじかれました。

で、またまた違う商品を取りに行きました。
今度は問題なくレジを通りました。

「どうしたの?」と聞くと、
「賞味期限切れです」と。
「なるほどねぇ、きちんと商品管理がされているんだ」と私。
その時は納得しましたが、車に乗りよーく考えてみると、
期限切れのものを陳列してはダメでしょと・・。

バーコードで管理されていなかったら、そのまま通ってしまう。
このようなヒューマンエラーのときのために、
機械的に管理されているのは理解できるのですが、
食の安全が叫ばれている時に複雑な気分でした。

消費者からの安心感と言う点からみると、
企業の消費者へのPRとして、○○のような品質管理を行っていますよ。
と表示し併用することにより、よりその店の商品を
安心して買い物が出来るのではと感じた今日の買い物劇でした。

毎日、少しの感動で自分が成長できますね。
自社での検討課題としなければ!

月曜日, 8月 20, 2007

人は見かけによらない!!

最近は、マメに更新が出来ています。

昨日、日曜日のことですがチョッと心が和む出来ごとがありました。
夕方、自宅の近所のコンビニに行った時のことです。

私が買い物を終えてドアを押して店を出て行こうとしたところ、
左背後に私の次にレジを終えた、見た目怖そうな20歳くらいの
青年が視界に入ってきました。

ビビッタ訳でもなく、親切とかそんな大層なことではなく
何気なくというのでしょうか、ホントになんとなく
「あーこのまま手を放すとぶつかるなぁ」と思い、
タイミングがずれるように、ほんの一瞬ですがドアを支えていました。

皆さんも経験があるのではないでしょうか?

するとその青年は、「おじさん」と私の事を呼びました。
私の他にその付近には、人は居ませんでしたので、
「おじさん」という言葉に不覚にも反応してしまい振り向くと同時に
私の目をしっかりと見て「どうも」とお礼の一言を言ってくれたのです。

ありがとうのつもりでしょう。でも、十分な一言です。
私の回答は予期しないことでもあったので、返事に困り「おぅ」の一言。
でも、互いに十分に心は伝わったと確信しています。

その間、3秒か長くても5秒のことでしょう。
ほんの僅かな時間、一瞬の出来事に強烈なインパクトを受け
今までの人を見る目とか、自分の行動に反省を覚えました。
たった一言、ほんの数秒で人を変える、動かす、感動を与える、傷つける
言葉に重みを感じました。

その青年は、腕からはタトゥーが出ており、
乗っていた車は如何にもといった車です。
しかも、その車は顔が写るくらいピカピカ!!
私のセンスとはチョッと違うがなかなかシブい。

この青年との5秒間の出会いは私にとって非常に大きな経験でした。
ただ、不覚にも「おじさん」という言葉に反応した自分が悔しい!!

木曜日, 8月 16, 2007

どうなる?不動産

8月3日アメリカの大手住専である「American Home Mortgage Investment」が倒産したそうです。2001年からの低金利で住宅産業を軸に好景気が続いていましたが、アメリカもいよいよ不動産バブルの崩壊といった感じです。20年前の日本のバブル経済の崩壊と同じような感じです。しかし、同じバブル経済の崩壊でも日本とアメリカのそれとでは意味が違いすぎます。日本経済の崩壊はローカル、アメリカ経済の崩壊はグローバル。すなわち世界経済に影響を及ぼすのではないでしょうか?

 今回の経済現象は2005年12月27日に起こった長短金利の逆転現象が現れた時点が前兆と言われています。2000年にも金利の逆転現象が起きその後ITバブルが崩壊。その周期1年半ほど。今回もピタリ!歴史は繰り返されるといった感じですね。

 金利は経済を左右し非常に敏感なことが私のような経済の素人でも簡単に分かります。アメリカの住宅バブルがはじければマーケットに影響を及ぼし、当然に日本経済にも影響は出ると考えられますのでこれらを考察してみました。

 先日路線価が発表されましたが、大都市の一等地では大幅な地価の上昇。要因としては、外資、再開発、マンション建設、ファンド、リートなどではないでしょうか?
専門家から見れば表面的な要因でしかなく、もっと根は深いと言われるかもしれませんが、私は不動産調査、測量、登記が専門ですのでご容赦下さい。しかし、物件調査、測量、登記で直接市街地の物件に携って肌で感じ、また隣接業者との情報交換により得た事柄ですので、それ程ずれてはいないと思います。

 さて、上述のアメリカの経済状況と最近の日本の不動産ブーム(ピンポイントバブル?)、金利の上昇傾向とを合わせて今後の日本の不動産業界にもたらす影響を考えてみました。

 まず、個人の住宅ローンから考えてみますと金利が上昇すれば長期固定金利以外の商品は、当然に月々の返済額は増えます。併せて不況に入ると毎月の給与にも影響を与え家計を圧迫します。両方からのプレッシャーを受けることになるのでしょう。

 また個人住宅、マンションの需要も日本の減少傾向にある人口から考えると先細りと考えてよいと思います。しかし、大都市に人口の集中傾向があるとの発表からみると、名古屋圏を含む大都市では地価の値上がり傾向は続き、不動産ブームの終焉はまだしばらく先で需要は見込めるとも考えられます。しかし、これも金利の上昇とアメリカ発の不況から購買意欲は薄れるのではないでしょうか。

 次に、ファンド、リートなどは低金利で高収益が望めるうちは魅力を感じますが、金利の上昇により収益を望めなくなると魅力は感じなくなります。配当利回りを上げるために家賃を上げることも手段の一つかもしれませんが、これは少し無謀なような気がします。また、金利が上がればリスクの少ない銀行預金に戻ってくることも考えられますし。

 何だか暗いブログになってしまいました。しかし、世の中何が起こるか分からない時代です。最悪の事態を考えて、リスク、ポートフォリオを整えておくと少しは安心できるのではないでしょうか? 

最後に個人の不動産購入について思うことは、同じ物件であれば当然に安く買えるにこしたことはありませんが、そこで幸せな家庭を築いて平和に暮らしていくことが大切ではないかと思うのです。

ですので、今が買い時とか、この先はもっと価格が上昇するからといった投資、投機的な見方をやめ、ご自身の家庭、ライフスタイルなどを一番に考えて不動産の購入を検討されるのは如何でしょうか?そうすれば雑念もなくきっと良い物件に巡り合えると思いますよ。

日曜日, 8月 05, 2007

何とか時間を・・・

1年ぶりくらいの更新となってしまいました。

昨年後半より、尋常ではない忙しさにかまけて書き込みをサボってしまいました。
8月に入りようやく自分の時間も取れるようになり久しぶりの書き込みです。

先日、路線価が発表されましたが不動産市場も2極化の流れの様子。
大都市圏では様々なファクターの要因により地価が上昇。
一方、地方都市、効外はまだまだ厳しいものがあるようです。

アメリカでは長期金利と短期金利の逆転現象が起きて以降、
不動産業界、特にサブプライムローンの返済が滞ってきている状況で
景気に陰りが出てきている様子。

日本では2006年3月に量的緩和政策が解除され、
ゆっくりと金利が上昇し始めています。
金利が上がれば当然に債券市場にも影響がでて、
日本経済にも影響が出てくるでしょう。

不動産業界は需給者共に金利の影響って大きいですよね。
デベロッパー、ファンド、リート、ユーザーも
近い将来、影響を受けるときが来るかもしれません。

個人、経営者、いずれにしてもリスク管理、ポートフォリオの作成って必要ですね。