水曜日, 3月 30, 2005


日本代表 バーレーン戦勝利!

業務とは、少々離れますが、サッカーWP予選
バーレーンに勝ちましたね。
現在、予選組2位 次回はバーレーンのアウェイ戦
バーレーンの主力選手2名がイエローを貰い、
次回は、かなり有利の展開となりますね。
是非ガンバッテ貰いたいものです。

それにしても、サントスから高原の左サイドの攻撃、
あと、一歩でしたね。
うーーん、できれば自力で得点をして欲しかった。

ずいぶん前ですが、名古屋の銀行ですれ違った、
楢崎選手も検討していましたね。
テレビで見ても、やはり同じ人でした。
やはり、かっこいいですね。

日本経済も、明かりが見えてきたといわれていますけど、
今日のサントスー高原ラインにみたいに、
突破口を早く見出して欲しいですね。

火曜日, 3月 29, 2005

昨夜は大変でした。

以前より、住み替えのご相談を受けていたK様からの
ご連絡からそれは始まりました。
K様は、新居に対する不安が当初よりあり、
私に対し、真剣に疑問をぶつけて下さり、
私もできる限りの対応をさせていただきました。
頼られれば嬉しいもので正直、私も熱かったです。

しかし、落ち着かれたのか暫くの間、連絡はありませんでした。
気にはなっていたものの、こちらから連絡をするのは
失礼かと思っていた矢先、再度ご相談のご連絡がありました。
それが、最後のご相談を受けてから数ヶ月が経った昨晩のことでした。

電話が鳴り、新居のデザイン、居住性についてお話をしていました。
やはり、不安はぬぐいきれない様子で、また、
時間も空いたせいか、遠慮がちに話されていました。
しかし、お話をされて行くうちに、本音の部分を
少し出して頂き、なんとなく理解できる部分を
うかがい知ることが出来ました。

K様は、新居に対し不安などがあるため、
今でも、引越しをされずにマンションに住まいされていました。
やはり、一生の決断に近い新居への引越しは
慎重にならざるを得ないものだと私も再度認識しました。
不動産と人との関係において、不幸が発生しては
これからの人生に大きな支障をきたす事になります。
くれぐれも、慎重にしたいものです。

さて、私が最初にご相談を受けたのは、
既に新居が決まっており、引渡しを受けた後のご相談でしたので、
出来るアドバイスとしては限られてきます。
そのような中でも、K様はご自身で考えられ、
私に疑問をぶつけ、問題解決に取り組んでこられました。

昨晩のお電話では、結果の合否は、
ご自身でしなければならないのは、
十分にご理解されている様子で、これからまだまだ、
問題解決、妥協点をご自身で模索しなければならない
認識でおられ、不安げな印象を強く受けました。

で、何が大変な昨晩かと言いますと、
そのお電話を頂いたのが、午前1時。
お仕事の都合もあるのかと思いましたが、
チョッとだけ驚きました。
それも、帰り道の道中にお電話して下さっていたのです。

しかし、K様の口ぶりは真剣そのもの。
遅い時間に電話をするのは、それなりに勇気がいるものです。
私も、真剣に対応させていただきました。
お話をしながら、「すみません、今家に着きました」
と、ほっとし、なにやらガサガサしていると思ったら
「かかかか鍵がなーーい!!!」ですって。
これには、私も「え゛っーーー!」って感じでした。

佐 「ご家族に連絡をされては?」
K 「・・・・・・」
どうやら、いえない事情があるらしいです。
新居の問題があるのかもしれません。
不動産は、家庭を幸せにもするし、不幸にもする。
言っていただくまでは、こちらからは聞けないところです。

K 「どうしたらいいでしょうか?」
  結構慌てている様子です。
佐 「うーーん・・・(見捨てることは出来ないし、行った方が早いかも?)」
  で、つい、「近いので、そちらまで行きます。」

お宅まで、出向き鍵の段取りをして差し上げ、
(今は、鍵屋さんも24時間営業ですね)
ほっと、一安心。
恐縮しながら、丁寧にお礼を言われ、
心ばかりの品(自販機で買ったペットボトルのお茶)
をいただき家路に。

帰宅し、時計を見るとなんと、3時半!
まぁ、何事もなかったのでいいか!
しかし、驚きと、慌てた3時間でした。

鍵屋さんを段取りしている途中、
色々お話をさせていただきましたが、
まだまだ、これからエネルギーが必要な様子でした。
K様どうかガンバッテください。
また、何かありましたら、いつでもご連絡を下さい。
昨晩のことがあれば、何も恐縮することはないですよね。

この内容に関しては、K様にご了解を得て掲載しております。

ちなみに、私は始め、K様はお酒を飲まれているのかと
思いましたが、そうではなさそうです。
ご本人の名誉のためにも・・・。

おもしろ、おかしく書いてしまいましたが、
不動産によって、人が不幸になることが
あってはならないということがお伝えしたかったのが、
本日の趣旨です。どうかご理解を!
  
 

土曜日, 3月 05, 2005

新築建物引渡し前の建物調査で・・・
引渡し前の建物調査で、少し熱くなってしまいました。
大手ハウスメーカーの物件での出来事でした。
現場に到着し、調査を行おうと「お邪魔します。」と
依頼人の方と建物の中に入ろうとした時から始まりました。

「購入者以外の方は、ご遠慮願います。」と、
下請け業者らしき監督さんのいきなりの発言。
久しぶりに聞いた台詞でした。

「営業の○○さんにはその旨は伝えて、了解は貰っていますが。」
「○○さんは今日は、どうされたのですか?」
と、依頼者さん。「本日は所用で・・・」と悪びれる様子もなく。
この時点で結構びっくりですね。2千万円を超える買い物をするのに、
担当の営業マンが来ないとは!

依「今すぐ呼んでいただけませんか!」
監「本日は、連絡が取れないとのことで・・・」
全「はぁ???」
依「○○さんが今日の日を指定されたのですよ」
口調は穏やかでも、依頼者様のご主人は結構この時点で来ていました。

玄関前でやり取りが続き、らちが明かないので、
「佐原さん、私が購入する家ですから、大丈夫です。お願いします。」
と、ご主人様にドアを開けていただいて、中に入ろうとしたその時、
なんと中ではまだ、仕上げ工事が行われていたのです。
依頼者のご主人様は、この時点で怒りは頂点に・・!
この後の、やり取りはご想像通りですので、
記載は控えさせていただきます。

内覧会が出来る状態ではないのに、購入者を呼んでしまっているのです。
後からよくよく話を聞いてみると、下記のような内容でした。
工事が遅れている。

納期に間に合わない。

しかし、支払いは期日にしてもらいたい。

とりあえず、引渡しをして、登記をする。

融資を実行。

支払いを受ける。

今回の場合は、銀行融資でしたのでとりあえず抵当権を設定すれば、
融資を受けることは出来るため、何とかしたかったようなのです。

でも、工事途中であれば躯体や下地の確認もかえってしやすいというものです。
発想の転換ですね。
依頼者様には気を取り直していただき、私はずけずけと調査をさせていただきました。
監督さんには、鬱陶しい光線を浴びせられましたが、ひるまず、ひたすら調査です。
致命傷にはなりませんが、今日見ておいて良かったという箇所はありました。
そのことを、側にいた現場の職人さんに伝えると、「はいはい、了解!」と、気のいい返事。
これなら、依頼者様も安心できるってものです。

しかし、監督さんは憮然とした態度で、「それは、そのような仕様です。」
一人、浮いちゃってます。何だか、可愛そうな気持ちになってきました。
どうして、お客様に対しこのような態度が取れるか不思議ですね。
まあ、仕事をするのは職人さんです。
あの、職人さんなら安心して仕事を任せることができます。
いつものことですが、職人さんとは気が合う佐原です。
完成が楽しみです。